朧月夜と大河とトルネード

朧月夜と大河とトルネード

あなたが想像する「漁師」と、多くの人が思う「カレー」は、もしかしたらまるで違うものかも。そうやって思うと、なんだか変な感じがしない?

暑い祝日の日没にカクテルを

大学生のころよりNHKを視聴することがものすごく増えた。
昔は、親やじいちゃんが視聴していたら、NHK以外のものが視聴したいのに思っていたが、ここ最近は、NHKが嫌ではない。
おもしろい番組がめちゃめちゃ少ないと思っていたけれど、近頃は、年配向け以外の番組も増えたと思う。
それとともに、かたい番組も好んで見るようになった。
それに加え、暴力的でないもの番組や娘に悪影響がとても少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
民放では、アンパンマンですら大変暴力的のように見える。
毎週殴って終わりだから、子供も真似するようになってしまった。

のめり込んで熱弁する母さんと冷めた夕飯
ここ数年、小説を読まなくなった。
30前の頃は、かかさず読んでいたけれど、最近、仕事があるし、時間をつくりにくい。
もし時間があっても、ゆったりと好きな小説をじっくり読むという気持ちになかなかなりにくいので、見ていても楽しく感じられない。
けれど、ものすごくはまる小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がとても好きだから、お二人が賞をとった群像文学新人賞が自分の好みに近いものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
しかし、次の世代の光っている新人小説家がいないかと気になるからまた読んでみたい。
けれど、純文学なのだからと無理に分かりにくい言葉を使っているけれど内容が伝わりにくいものも多いからさびしい。

天気の良い日曜の午前に外へ

時は金なりというのは、素晴らしい名言で、だらだらしていると、本当にあっという間に貴重な時間が無くなる。
もーっと、素早く業務も報告書も終了すれば、これ以外の事の方に貴重な時間を回すことが出来るのに。
部屋の整理をしたり、散歩したり、料理にはまったり、本を読んでみたり。
とのことで、この頃は、てきぱきはじめようと心がけているが、何週間出来るのか。

余裕で歌う妹と電子レンジ
日頃、EくんからのE−MAILの内容は、何のことを語りたいのかほとんど知ることが出来ない。
飲んでてもシラフでもほとんど理解不能だ。
そう思っていたけれど、E君が仕事の一環で作成したという、製品と募金に関しての紹介文を見せてもらった。
普通の文章書けるじゃん!と思って、驚いた。

のめり込んで吠える家族と穴のあいた靴下

笑った顔って魅力的だなーと思っているので、なるべく笑顔でいれるように気を付けている。
一応、時と状況と考えて。
けれど、周りにそんなものだと強制しては良いとは言えない。
結局は、一概には言えないが、個人的な考えとして。
先程までシリアスな顔で必死で仕事していた人が、ほころばせたその瞬間。
これも大好き。
目じりにしわがある人がタイプ!という友人。
その気持ちも分かるかもしれない。

息もつかさず踊る兄弟と夕立
少年は今日、学校の給食当番だった。
帽子とマスクをつけて、白い割烹着を着て、他の給食係達と、給食を給食室に取りに向かった。
今日の主食は、ご飯ではなくパンだった。
バケツみたいに大きな蓋付きの鍋に入ったシチューなんかも。
少年は、最も重い牛乳だけは、男の子が持たなければならない、と考えていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
なので自分が、バットに入った牛乳を持ったけれど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
重たい牛乳を女の子に持たせたくなかったけれど、クラスでも一番かわいいと思うフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思ったので、少年は少しドギマギしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を運ぶ事にした。

泣きながら歌う彼女と失くしたストラップ

昨年秋の誕生日、友達に貰った香水、花を思わせる
合っている瓶で、イメージして選んでくれた物で、小さいボトルで飾りのリボンが可愛い。
匂いの雰囲気もボトルも大きくいっても派手とは言い難い香水だ。
香水ショップにはたくさんの香水が置いてあったけれど、目立たない場所に置いてあった商品。
サイズはとにかく小さい。
可愛くてお気に入りだ。
どこかへ行くときだけでなく、外へ仕事に出るときもカバンの中に、家での仕事のときも机に置いている。
そのことから、カバンは、同じ香り。
いつも身に着けているため、そうじゃないときは「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまに。
香水ストアにて色々な香水を試すのは好きだが、この香りは今までで最高に気に入っている。

風の無い仏滅の日没は昔を懐かしむ
今季は、近くの海に行っていないが、楽しみにものすごく行きたい。
現在、自分の子供が小さいので、海には入らせないでちょっと遊ぶ程度とはいえ、必ず興味をもってくれると思う。
だけど、現在、オムツをつけているゆえに、ふつうの海水客の事を思ったら海水につけないのがいいかもしれない。
プール用オムツもあるが、議論になっているらしいので。

余裕で叫ぶ彼と紅葉の山

出身県が異なると食生活が異なることを結婚してから大変知ることになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻から普通に聞かれ、売っていたのかなと考えたら、自宅でも作るのが一般的みたいだ。
バナナやモモやらと氷を挿入して、ミルクをいれこんでミキサーでミックスして完成だ。
ミックスジュースを作ったものを味わい飲んだのは初めてだったが、たいそう美味だった。
味わい深かったし、くせになって、私も作り飲んでいる。

余裕で踊る先生と冷たい肉まん
久しぶりに、明日香と麻衣子とツアーに行きました。
2人とも、私が通っていた大学の同級生で、一緒に頑張ったクラスメイトです。
しかも、学んだのは旅行業と、英検だったので、旅行が趣味だという学生たちであふれていました。
なかでも、明日香と麻衣子を含む気の合う6人で色々なところへ宿泊した思い出は懐かしい。
私は元々それほど仲のいい友人が多い方でもないし、しかもそれで良いと感じています。
という事で、すごく嬉しい言葉だけど、すぐ隣で麻衣子が満足しているような顔をしていたのもポイントでした。

関連サイトやお役立ちサイト紹介です。


ファミリーの格安引越屋さん
お得に引越しする最善策は、無料の一括見積もりで価格比較することから始まる。ファミリーの引越でも、一番安いところを見極める。

先頭へ
Copyright (C) 2015 朧月夜と大河とトルネード All Rights Reserved.