ブックメーカー投資が上手な人と下手な人

ブックメーカー投資に必要なメンタルとは

オンラインベット

投資として利用できるブックメーカーですが、他の投資方法よりもギャンブルのイメージが強くあります。大きく稼げるチャンスがあるものの、負けてしまえば賭けた金額を全て失ってしまうからです。常に勝率の高い試合が存在するとも限らないため、ブックメーカーで何もできない状況になると、妥協して勝率の低い試合に賭けてしまう可能性があります。お金を増やすために行っているはずなのに、賭けたい気持ちが大きくなって、結果的に資金を減らしてしまうのです。

ブックメーカーを行う時に大切なのは、勝って儲けても調子に乗って浮かれることなく、負けても臆病にならないメンタルです。常に平常なメンタルを維持できれば、余計な負けを積み重ねずに済みます。ですが、冷静沈着さを保つのは言葉ほど簡単なものではありません。メンタル面に不安がある場合、勝った時や負けた時にどのような行動をするか、自分でルールを作っておくことをおすすめします。

投資は長期的な目線で考えることが大切で、一度に一獲千金を狙うのはギャンブルです。日によって収支がマイナスになっても、月でプラスになっていれば問題ありません。月ごとの計算でマイナスが出たとしても、年間を通してプラスに転じることができれば、投資として成功です。

ベッティング

ブックメーカーで投資を行うのに必要な費用

スマートフォンからブックメーカー

ブックメーカーで投資を始めてみようと検討している人は、費用がどのくらいかかるのか気になるでしょう。最初にブックメーカーサイトのアカウントを取得しなければなりません。ブックメーカーサイトにもよりますが、会員登録の際に特に費用はかからないことが多いです。

そして、会員登録を済ませたら、実際に入金してスポーツの試合やイベントなどでベッドを行います。入金の際には手数料がかからない方法もありますが、銀行振込など入金方法によっては手数料が発生する場合もあるので注意しましょう。

ベッドで使用するお金がブックメーカーの投資で必要なメインの費用です。予想が当たれば、あらかじめ設定されているオッズに基づいて計算された金額が払い戻されます。何度かベッドをしていると、当たるときもあれば外れるときもありますが、トータルで収支がプラスになれば、投資として上手くいったことになります。

アカウントにお金がたまってきたら、出金手続きをすれば、増やしたお金を自由に使えます。出金の際には手数料がかかることが多いです。振込手数料に相当する分の金額です。数百円程度の金額ですが、ブックメーカーで投資を行う上で必要な費用だと認識しておきましょう。

コインを増やす